女性と花

風俗店は、人妻など中年女性のデリヘルがモテている

綺麗な女性

昨今の風俗店で気がつくことは、デリヘルやホテヘルなどといった、所謂、従来型の店舗型から女性を他の施設へ派遣して、顧客へのサービスをするという派遣型の業態が急速に増えてきています。

最近の風俗店の女性の傾向にしても、若い女性、所謂、ギャルやヤンガールの他に比較的年齢層の高い年増の女性の風俗嬢が多いのに気が付きます。 即ち、人妻とか婦人か言われる女性達のことです。
これらも、デリヘルやホテヘルといった、所謂、派遣型の店舗が増えたのも一員かもしれません。

勿論、人妻というのは結婚しているか、過去に結婚を経験しているかの他人の女性のことを言います。 しかし、人妻や婦人などの熟女系風俗店と言っても女性が人妻に限るわけではなく、ある意味では年齢の嵩んだ30代とか40代の女性が中心の店と言う意味も含まれている場合もあるようです。

又、人妻といっても、実際は、寧ろ結婚している女性よりも、結婚はしたが現在は別居しているか離婚しているかのバツイチ系の女性などの独身の女性の方が寧ろ多いとも言われているようです。

即ち、風俗業界では20年年ほど前から、人妻や熟女ブームが巻き起こり、人妻・熟女系の風俗店の数が急速に増えたともされています。 これらの風俗店が増えたことの背景には、男性の性的好みが経験豊かな中年女性に愛されたいという願望もあったのでしょう。

他にも店舗サイドから言わせれば、中年女性の求人の確保が他の風俗業種に比べると比較的安易であること、又、人妻・熟女系の風俗店がハードサービスは無論だが、次第にデリヘル系のソフトサービスも増えてきたのがの顧客の需要に繋がっているという見方もあるようです。

おすすめの記事